2017年に書いた自分の記事を自分でランキングしてみた!

2017年は、会社の仕事が面白すぎてライティング数を減らしていたんですが
(いま数えたら2016年が約600本、2017年が約250本だった!半分以下!)
その分、濃い仕事が出来た気がします。

色んな仕事がありましたが、その中でも個人的な観点でランキングにしてみました!
単純にバズだけじゃなくて、思い入れだったり、出会いだったりを含めた結果です。

10位:「脱出」から「潜入」へ。10周年SCRAPの新たなる「リアル潜入ゲーム」製作者インタビュー


今年もいろんなイベントに行きましたが、やっぱり今年一はこれじゃないかなー。
「リアル潜入ゲーム」ほんとに楽しかった!まだの人はぜひ。
「ずっと”脱出”してきたので、そろそろ”潜入”してもいいんじゃないか」はいいコピー。

9位:イケメンと、ソーダメーカーの、ある生活。


マジでよく分からない物語が出来上がりましたが、結構気に入っています。
サイコパス〜!

8位:ホストクラブ初心者向けイベント「ホスパ」に行って、ホストクラブについて勉強してきた!


この記事をきっかけにホストクラブの内側に入っていけた気がしているので、
思い出の記事。ここで神と出会い、神への祈りのポーズが生まれる。
わたしの周りで少しだけ流行っていました。

7位:脅威のスヤァ効果で話題沸騰 魔法のぐっすり絵本「おやすみ、ロジャー」は大人でもスヤれるのか


いつも書くときは、読んだ人に行動を起こしてもらえる記事を書きたいと思っているんですが、
これはamazonをはじめ都内の本屋から軒並み売り切れ現象を作れた記事。
ちなみにわたしは、今でも眠れない夜は使っています。

6位:VRでホストクラブ体験ができる「うちホス」をガチのホス狂に遊んでもらった結果


2017年のメインテーマは「ホストクラブ」で行くぞ!と3ヶ月めちゃくちゃ座学して、第一弾の記事。
全てはここから始まったので、思い出深い。
ちなみに、一年経ったいまでも、ホストクラブには慣れません!!!

5位:おばけ屋敷プロデューサー五味弘文さんと、千葉県館山の「臨怪荘」に行って来た


あの憧れの五味弘文さんと会えたばかりか、
五味弘文さんのお化け屋敷を解説付きで回れるなんて、めちゃくちゃに豪華な体験が出来た記事!
これのおかげで、お化け屋敷好きの人たちには結構知ってもらった感じがある。
ちなみに3年くらい色んなお化け屋敷を見てきたけど、現存するお化け屋敷の中ではこれが一番だと思います。

4位:『かいけつゾロリ』30周年!原ゆたか「僕はいつまでも“プロの小学生”でいたい」


いまはもう読まなくなってしまったけど、大好きで大好きなゾロリ。
原先生が30年描き続けてくれたおかげで、
大人になってこういう形でお会いすることが出来たんだな〜と思うと
本当に原先生には感謝です。
続ける、って本当に大切なんだなと改めて思いました。

3位:JOYとお化け屋敷に行ったら大変なことになったので、中での様子を全文書き起こしてみた!


お化け屋敷の記事って、ネタバレ問題で中の様子が詳細に書けないんですが、
ずっとその解決策を一年かけて考えてきたわたしの最適解がこの記事。
これ以上のお化け屋敷のアウトプットって、絶対無いと思います!
(そしてこれ以上のアウトプットが出る前に、自分超えしたい)

2位:4000万円貢がれたホストと、貢いだ女が語る「愛」の真価


バズ、という意味ではこれが一番でした。
色んな人たちが話題にしてくれて、全然知らない人が知ってくれたりして。
これを書くのに取材させてくれる人を探して、掲載させてくれるメディアを探して、
本当に時間がかかったけど、最高の形で世に出せて良かったです!
(続編も書きたいな)

1位:MIYAVI「自分自身にドキドキしなくなったら終わり」


エモさでぶっちぎりの優勝です。17年間大好きな人に会えて、一緒に仕事が出来た!
29歳でようやく、あの頃の自分に胸を張って自慢出来る大人になれたなーと。
2017年の間違いなく一番の思い出です。

こんな2017年でした。総括すると、去年よりもより高く跳べた一年だったかなと。

来年は、もっともっと確度を高めていきたいのと、
相変わらずミーハーなので芸能人有名人のインタビューをもっと増やしたいのと、
有名になれるはずなのにまだまだな人や物を青田買いしていきたいなーと思います!

あとは、去年から毎年研究テーマを決めて専門分野を増やしていっているのですが、
2016年のテーマが「お化け屋敷」で、2017年のテーマが「ホストクラブ」で、
「お化け屋敷」が2本、「ホストクラブ」が3本、お気に入りの記事になったのはいいことだなーと。

ちなみに、まだ2018年のテーマは悩み中ですが、
もしかしたら、ライティングをベースにもう少し違ったアプローチもしていくために、
研究テーマとしては、一年お休みするかもしれません。が、まだ分かりません。大晦日なのに!

ということで、2017年、お取引先のみなさま、ご協力してくださったみなさま、読んでくださったみなさま、
本当にありがとうございました!みなさまあってこそです。本当に!

去年より今年、今年より来年!ということで、来年もがんばるぞい!
と思っていますので、引き続き来年もよろしくお願いいたします!