「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」というメディアの気持ちをPRが理解する方法

PRの人なら、メディアの人が「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」と言っているのを一度や二度、聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、聞いたことはあれど、本当のところどれくらい来ているのか分からないし、分からないからこそ「そうは言ってもうちのプレスリリースを見てよ!」と思ったことはありませんか?わたしは何度もありました。

でも、いざメディア側になって思うのは、マジで「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」ということで、PRの人は、この「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」という気持ちを分かったほうがいいと思うんですよね。マジで「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」だから。

なので、今日は「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」が疑似体験出来る方法をご紹介します。

1.PR TIMESにアクセスする!

2.右上の「プレスリリースを受信」を押す!

3.「個人ユーザとして登録する」を押す!

4.画面にそって登録する!(本登録に審査がある!)

5.本登録が終わったら「プレスリリース受信設定」で設定する!
選択すればするほどリリースが来る=メディアの気持ちに近づける、ので少し多めに選択することをおすすめします。

で、これを完了させると数十分後くらいからガンガンとプレスリリースが飛んできます。こわい。

登録時間や本数によっては当日中に、遅くても数日中には、「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」の体験はできると思いますが、その前にフォルダが圧迫されるので、早めに専用フォルダを作るといいでしょう。普通に業務に支障が出るレベル。

ちなみに、今回は個人ユーザーの登録なのでメディア登録をした場合よりもニュースが少ないですし、メディアはPR TIMES以外にもプレスリリース配信プラットフォーム(@Pressとか共同通信とか)にいくつか登録していることがほとんどなので、これの何倍もと考えてください。割と絞っているはずのわたしでさえ一日に200件くらいは来ます。こわい。

百聞は一見に如かず、という言葉もあることですし、ぜひ一度「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」体験をしてみてはいかがでしょうか。

そして、「プレスリリース多すぎ!全部見れない!」というメディアの気持ちを理解してあげれば、メディアへのアプローチ方法が多分変わってくると思うし、結果みんなハッピーになれると思います!愛!勇気!希望!